会社案内   分銅・おもり 校正サービス  問い合わせ

校正サービス
  【JCSS校正    一般校正】


JCSS校正

  ☆ 分銅・おもりのJCSS校正: 分銅 (F2・M1・M2クラス)  ・ おもり (M1クラス相当の精度)
     校正範囲          :  20 kg− 1 mg
  
  ☆ JCSS校正を行うと、JCSSロゴマーク 付校正証明書を発行します。
                  (apan alibration ervice ystem)
    校正証明書には不確かさを表記します。
              (不確かさ:測定値の真の値が存在する範囲を示す推定値
                     真の値は 包含係数k=2のときに95%の確率で
                     この範囲に存在することを表したもの)
  
  ☆ JCSS校正証明書は、校正された分銅が国家標準にトレーサブルであることを証明し、
     ISO、GMP、GLP、HACCP等, 広い範囲で利用できます。
  
  ☆ JCSS校正証明書は、APLAC:アジア太平洋試験所認定協力機構、 ILAC:国際試験所認定機構の
     MRA(相互承認)に加盟しているIAJapanに認定された校正機関での発行であり、国際対応です。
        
  ☆ 有効期間は 所有者が(管理の上で)校正期間を定めるため、証明書に記載されません。
  
  ☆ 製造メーカーを問わず校正します。


                    秋山衡材JCSS校正申込書

 

登録番号0265 
 校正室

       JCSS校正事業者登録(2010年10月)  登録番号0265
       


              
             拡張不確かさ(±U)
 
                                                     

                      (k=2) 
表す量   F2クラス  M1クラス  M2クラス  おもり校正範囲  Mクラス
 20 kg  100 mg  0.30 g 1.0 g   10 kg以上  30 kg未満  0.46 g
 10 kg  50 mg  0.16 g  0.50 g    5 kg以上  10 kg未満  0.16 g
  5 kg  25 mg  0.080 g  0.25 g    2 kg以上   5 kg未満   0.080 g
  2 kg  10 mg  0.030 g 0.10 g    1 kg以上  2 kg未満   0.030 g
  1 kg  5.0 mg  0.016 g  0.050 g    500 g以上  1 kg未満   0.016g
 500 g  2.5 mg  8.0 mg  25 mg    200 g以上 500 g未満   8.0 mg
 200 g  1.0 mg  3.0 mg  10 mg    50 g以上  200 g未満  3.0 mg
 100 g  0.50 mg  1.6 mg  5.0 mg    20 g以上   50 g未満  1.0 mg
  50 g  0.30 mg  1.0 mg  3.0 mg     5 g以上  20 g未満  0.80 mg
  20 g  0.25 mg  0.80 mg  2.5 mg     1 g以上   5 g未満  0.50 mg
  10 g  0.20 mg  0.60 mg  2.0 mg   500 mg以上  1 g未満  0.30 mg
  5 g  0.16 mg  0.50 mg  1.6 mg  100 mg 以上 500 mg未満  0.25 mg
 2 g  0.12 mg  0.40 mg 1.2 mg   10 mg 以上   100 mg 未満  0.16 mg
1 g   0.10 mg  0.30 mg  1.0 mg    
 500 mg  0.080 mg  0.25 mg  0.80 mg    
 200 mg  0.060 mg  0.20 mg  0.60 mg    
 100 mg  0.050 mg  0.16 mg  0.50 mg    
 50 mg  0.040 mg  0.12 mg      
 20 mg  0.030 mg  0.10 mg    
 10 mg  0.025 mg  0.080 mg      
 5 mg  0.020 mg  0.060 mg      
 2 mg  0.020 mg  0.060 mg      
 1 mg  0.020 mg  0.060 mg      

    拡張不確かさ(k=2):標準器、比較器、浮力、測定のばらつき等の誤差要因についての不確かさを
                  2乗和で合成したもの
                  k=2とは、95%の信頼水準を意味する









一般校正 

    ☆  分銅・おもりの校正:  分銅(F1・F2・M1・M2)  ・  おもり(M1・M2)
                      校正範囲: 30 kg − 1 mg  (大型分銅も校正)
        
    ☆ 分銅の修理(キズ補修、塗装)

     ☆ 証明書発行(成績書・校正証明書・トレサビリティー体系図)
       トレサビリティー体系図ー校正された分銅が国家標準にトレーサブルである事を証明
            ISO9001:2008登録   
                           
                      
   ☆ 分銅の適正な管理をしていく上で、分銅のキズ補修・メッキ補修・再塗装を行い、
       定期的な校正が必要です。 
          【 一般的な校正期間 :ステンレス・黄銅製(1〜3年)   鋳鉄製(1年)】 
    
    ☆ 基準器検査(東京都計量検定所)代行  
              受検対象者:計量士等
    
    ☆ 規格の分銅、規格外の重さの分銅、ニュートン表示の分銅、ポンド表示の分銅等を校正します。

    



                  
                  分銅の最大許容誤差表

(単位:±mg)
表す量 E2 1 2 1 2
20 kg 30 100 300 1000 3000
10 kg 16 50 160 500 1600
5 kg 8.0 25 80 250 800
2 kg 3.0 10 30 100 300
1 kg 1.6 5.0 16 50 160
500 g 0.8 2.5 8.0 25 80
200 g 0.3 1.0 3.0 10 30
100 g 0.16 0.5 1.6 5.0 16
50 g 0.10 0.3 1.0 3.0 10
20 g 0.08 0.25 0.8 2.5 8.0
10 g 0.06 0.20 0.6 2.0 6.0
5 g 0.05 0.16 0.5 1.6 5.0
2 g 0.04 0.12 0.4 1.2 4.0
1 g 0.03 0.10 0.3 1.0 3.0
500 mg 0.025 0.08 0.25 0.8 2.5
200 mg 0.020 0.06 0.20 0.6 2.0
100 mg 0.016 0.05 0.16 0.5 1.6
50 mg 0.012 0.04 0.12 0.4  
20 mg 0.010 0.03 0.10 0.3  
10 mg 0.008 0.025 0.08 0.25  
5 mg 0.006 0.020 0.06 0.20  
2 mg 0.006 0.020 0.06 0.20  
1 mg 0.006 0.020 0.06  0.20    

                                             OIML国際勧告R111による

TOPへ